福岡市早良区の整体なら「百道整骨院」つらい痛みやしびれを根本改善

あなたは日常生活をどのような姿勢で過ごしていますか?
長時間座るお仕事をしていると、
1日の後半になるにつれて腰の痛みを感じたことはありませんか?

気が付いたら腰をかばっていて、日常生活を過ごすのが不便になったと、
整骨院にご来院される方から、よくお声を頂いています。


現代ですと国民の8割は腰痛を抱えていると言われています。

まずは自分の腰痛がどのタイプなのか?知ることが大切です。

腰痛の原因がはっきりされているのが全腰痛の15%ぐらいといわれています。
(特異的腰痛)
例→脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など

原因がはっきりされていない腰痛が85%といわれています。

(非特異的腰痛)
ここでは「原因が分からない」もの脊椎の危険でない腰痛として捉えます。

しかしここで落とし穴があります。
普段の日常生活の過ごしかたを怠っていると
骨の問題になりかねないことがあります。

前かがみの姿勢、長時間座っている際の猫背の姿勢、腰を反ると痛い
物を持ち上げる際の腰の痛みなど、様々なシチュエーションでの腰痛が考えられます。

では、
何故腰痛が起こるのか??

体を動かすには筋肉が動きます。
あまり筋肉が使わないと弱ってしまい、使いすぎると硬くなってしまいます。
また使いすぎる筋肉で身体を動かしても、姿勢が悪くなり痛みを引き起こします。

筋肉は使いすぎと使わなさすぎによるものが考えられますが、
一番分かりやすいのが筋肉を使いすぎて痛めるシチュエーションが
想像しやすいかと思われます。

使いすぎとは、筋肉が収縮し続けているということで
力が入り続けていることになります。

例えるなら、長時間座った体勢や中腰の体勢など姿勢を維持しようと
すると起こるものになります。

本来、人間の背骨は、S字状にカーブを描いており、
このカーブがあるので、衝撃を緩和させており、腰の痛みを軽減させています。

では、良い姿勢を維持していくためにはどうしたらいいのか?
〇自身の日々の生活習慣を振り返り、見直すことです。

例えば、普段【猫背】という言葉を耳にすることが多いと思います。
その猫背になるような動きだったりをご説明していきます!

・モニターを覗き込むように見ている
頬杖をついていながら見ていると、人間の頭の重たいこともあり、
それ自体を支えようとするとバランスを崩してしまいます。

頬杖をしながら頭の重みを支えようとも前のめりの姿勢になっているため、
猫背の姿勢が作られてしまいます。
座っているときは頭、肩、股関節までが真っすぐになるように意識してみましょう。

・高いヒールでお出かけをする
かかとの高い靴を履くことで身体が前のめりの姿勢になることが多いので、
猫背になりやすいです。

おしゃれな服装には欠かせないアイテムの1つになりますが、
歩いていくうちに、背中が疲れていくため腰にも負担がかかってきます。
高いヒールやかかとの高い靴で長い時間歩かれる際は特に気を付けて下さい。

・椅子やソファーで身体を丸くする
オフィスでの椅子やソファーに座る際はついつい背中を丸くなりがちです。
特に長時間座っていることで疲れてくるので、
可能な限り30分に1回は立ち歩く癖をつけてもらい、
お尻や太ももの裏のストレッチができると良いです。

・スマホを見ているとき
集中して見ていると背中が丸くなるような姿勢になりがちです。
姿勢が丸くならないようにまっすぐな姿勢を意識することもありますが、
スマホを持っている腕を反対の手で支えてあげると

スマホをのぞき込むことが抑えられるため背中が丸くなりにくいです。
下を見るのではなく、顎を引き、良い姿勢を保てるようにしていきましょう。


あなたが日々とっている姿勢が上記にあれば
 少しずつ改善していくように心掛けていきましょう!
早良区の「百道整骨院」口コミで評判の技術 PAGETOP